読むときっと元気が出る 熱血漢のブログ

読むときっと元気が出る 熱血漢のブログ

浜田敬子の経歴やWikiプロフィールが気になる!アエラ編集長

HamadaKeiko-

こんにちは!くにおです!

11月10日の「バラいろダンディ」に

アエラ編集長として活躍されている

浜田敬子さんが、出演されます!

 

最近話題になっている

「資生堂ショック」について

AERAが大々的に報じていたので、

この番組内での浜田敬子さんの発言にも

注目が集まりますね^^

 

浜田敬子さんの経歴やWikiプロフィールもチェックしましょう!

スポンサードリンク

浜田敬子さんの経歴プロフィール

浜田敬子さんの経歴プロフィールを

wiki風にまとめてみました。

名前:浜田敬子(読み、はまだ・けいこ)

生年月日:1966年○月○日

年齢:49歳

出身地:山口県周南市

出身高校:山口県立徳山高校

出身大学:上智大学

浜田敬子さんは、

山口県立徳山高校を卒業してから上京し、

上智大学で国際政治・国際法を学んでから

朝日新聞に就職されていますね。

 

転職サイトなどでも、

働く女性のキャリアについて

インタビューを受けるなど

ワーキングマザー

としての悩みに答えています。

 

2006年に出産・育児休業をしてから

2014年には女性初のAERA編集長に就任するという

育児と仕事の両立ぶりは

働く女性のキャリアへの道標となっていると思います。

 

スポンサードリンク:

AERAの「資生堂ショック」に対する見方

先日起きた「資生堂ショック」に関して、

テレビではNHKの報道が引き金となりましたが

ネットではAERAの記事が1位に表示され

多くのサイトに引用されていました。

 

そのAERAの

「資生堂ショック」に対する見方は、

『働く女性に「資生堂ショック」女性は保護の対象から戦力へ』

というもの。

 

浜田敬子さん自身のスタンスと一緒で

両親に育児を手伝ってもらい、

復職後の育児と仕事の両立を図ったりと

正に資生堂が目指している

女性社員の働き方の鏡のような人ですね!

 

そんな浜田敬子さんも、

娘さんが小学校の時に

「なんでうちのママだけ働いているの?」

「ママ、いつ編集長を辞めるの?」

と言われた事があるそうで、

育児と仕事の両立に

悩んでいた時期もあるそうです。

 

しかも有名誌の編集長ともなればなおさらで

それだけの戦力を育児中だからといって

失ったり、半減してしまっては会社としても困ってしまう。

 

けれど子供ともしっかり

向き合っていかなければならず、

このバランスを調整して行く必要があったと思います。

 

浜田敬子さんは、おなじ職場の女性編集者にも

優秀な女性たちが育って欲しいと、

ワークライフバランスが取りやすい

環境づくりにチカラを入れているそうです。

 

これからも頑張ってもらいたいですね!^^

 

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

よろしければこの記事を多くの人に知っていただくため

TwitterやFacebookのボタンを

押していただけると嬉しいです^^;

それではまた!

@くにお

 

LEAVE A REPLY

*
* (公開されません)
*

Return Top