読むときっと元気が出る 熱血漢のブログ

読むときっと元気が出る 熱血漢のブログ

武藤敏郎の経歴が凄い!五輪エンブレム問題の会見から話題に!

CN0wjMyUkAAzYAC

9月1日の18時から始まった五輪エンブレム問題の会見の中で

武藤敏郎事務総長氏は

「1等の賞金は100万円で、現在、支払いの手続き中でしたが、これは支払わないことになります」

と明言しました。

しかし、この会見にはあまりよくない印象を受ける人も多く

  • 謝罪が一切ない
  • 盗用を認めていない
  • 一般国民をばかにした発言をしている

などという声が上がっています。

スポンサードリンク

武藤敏郎の経歴

2020年五輪大会組織委員会事務総長というだけでもすごいですが

はやり過去の経歴も素晴らしいものがあります。

個人的にも、今回の会見のような態度は

どういった経歴から生まれてしまったものなのか気になります。

まず、生まれは1943年7月2日、今年で72歳になります。

あの有名な難関校である開成高校を経て東京大学へ入学。

国家公務員試験と、なんと司法試験にも合格し、旧大蔵省へ入省しました。

専攻は司法であったにも拘わらず、大蔵省に入ってしまっていますね^^;

 

その後も大蔵省で順当にキャリアを積み重ねますが、

1998年ノーパンしゃぶしゃぶ事件

が起きてしまいます。

武藤氏が官房長を務めていた時に、

大蔵省汚職事件が起きます。

しかも、これただの汚職事件ではなく、

のーぱんしゃぶしゃぶで接待していた

というのがおおやけになってしまった

なんともイメージダウンな事件でした。

 

しかも、武藤氏が接待していたわけではなく

お偉いさんというポストが理由で

官房長から総務審議官へ降格されています。

 

その後、2008年に福井日銀総裁の任期満了ということで

次期日銀総裁の最有力候補として武藤氏が推されていました。

が、与党では圧倒的支持を得られたにも拘わらず

野党の猛反発に合い、

与党と野党で唯一同意があった「白川」日本銀行総裁に

ポストを持っていかれるという迷走人事が起きています。

 

そして、2015年の五輪エンブレム不祥事です。

  • 大蔵省での、のーぱんしゃぶしゃぶ事件
  • 日銀総裁のポストを阻まれる
  • 五輪エンブレム不祥事

と、ちょっとついてなさすぎるのではないかと思うくらい

大事なポストを棒に振ってしまっている印象があります。

 

今回のエンブレム問題でも、

会見での国民の印象をもう少し良くする努力をしてもらうなど

まだまだ挽回を狙うチャンスはあると思うので

ぜひ頑張ってもらいたいと思います!!

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

よろしければこの記事を多くの人に知っていただくため

TwitterやFacebookのボタンを

押していただけると嬉しいです^^;

それではまた!

@くにお

 

LEAVE A REPLY

*
* (公開されません)
*

Return Top