読むときっと元気が出る 熱血漢のブログ

読むときっと元気が出る 熱血漢のブログ

中邑賢龍先生のwikiやプロフィールが気になる!大学や経歴は?

kenryu1

2015年9月12日(土)に放送される

世界一受けたい授業で

中邑賢龍(なかむらけんりゅう)先生の

「東大の異才発掘プロジェクト」が特集されます!

スポンサードリンク

「異才発掘」とは一体どんなプロジェクトなんでしょうか?

中邑賢龍先生のwikiやプロフィールが気になります!

 

中邑賢龍先生のwiki風プロフィール

名前:中邑賢龍(なかむら けんりゅう)

専攻:人間支援工学

職業:東京大学先端科学技術研究センター教授

生まれ:1956 年

出身地:山口県

なんと中邑先生は東京大学の教授なんですね!

 

そして、名前がとてもめずらしいです^^;

 

同じ「中邑」苗字の有名人というと

プロレスラーの「中邑 真輔」選手がいます。

 

中邑 真輔選手は京都の出身ですが、

どうやら「中邑」という苗字は

山口県、京都府、大阪府に多いみたいです^^

 

経歴

1984年4月 香川大学教育学部助手
1986年10月 香川大学教育学部助教授
1992年3月 カンザス大学・ウィスコンシン大学客員研究員(-1992年12月)
1996年3月 ダンディ大学客員研究員(-1996年10月)
2005年4月 東京大学先端科学技術研究センター特任教授
2008年4月 東京大学先端科学技術研究センター教授

元々は香川の大学にいらっしゃったんですね^^

その後は長く海外の大学で研究に打ち込まれていた様子です。

 

その間の研究成果の一環として

「障害のために読み書きが出来ない子供たちが大学に入れるような仕組みを作る」

という取り組みで

先端技術を駆使し、

  • 日本社会を変えていく新しい障害者リーダーの育成
  • 社会インフラの構築

を研究されています。

 

また、最近の論文・著書では

中邑賢龍 2015 学校の中のハイブリッドキッズたちー魔法のプロジェクトを通して見えたICTと子どもの能力・教育の未来ー こころリソースブック出版会
中邑賢龍 2014 AAC入門ーコミュニケーションに困難を抱える人とのコミュニケーションの技法ー こころリソースブック出版会
中邑賢龍・近藤武夫(共著)2013 タブレットPC・スマホ時代の子どもの教育  明治図書
中邑賢龍・福島智(編著)2012 バリアフリー・コンフリクト 東京大学出版会
中邑賢龍・近藤武夫(監修)2012 発達障害のある子を育てる本 ケータイ・パソコン活用編 講談社
中邑賢龍 2007 発達障害の子どもの「ユニークさ」を伸ばすテクノロジー 中央法規出版

といったものがあり、

今回特集される「東大の異才発掘プロジェクト」

というのは、どうやら

最新の機器を駆使した

子どもたちのコミュニケーションの仕方に根ざした手法

なのではないかと予想しています。

 

詳しくは、放送をみてみないとわかりませんが、

いまから授業の時間が待ち遠しくおもいます!^^

 

スポンサードリンク:

最後まで読んでいただきありがとうございました。

よろしければこの記事を多くの人に知っていただくため

TwitterやFacebookのボタンを

押していただけると嬉しいです^^;

それではまた!

@くにお

 

LEAVE A REPLY

*
* (公開されません)
*

Return Top