読むときっと元気が出る 熱血漢のブログ

読むときっと元気が出る 熱血漢のブログ

川島なお美 民間療法は正解?岩田社長も同じ胆管がんと噂に!

b78eb240

失楽園などで有名だった

女優の川島なお美さんが

9月24日19時55分に

都内の病院で

胆管がんのため

お亡くなりになりました。

スポンサードリンク

今年7月に息を引き取られた

任天堂の岩田聡社長も

「胆管腫瘍=実際には、胆管がん」

を患っていました。

 

この胆管がんとはどういった病気なのでしょうか?

 

そして、川島さんが自身のブログでも公開していた

「民間療法」

を選んだのは正解だったかどうかについて調べてみたいと思います。

 

胆管がんとは?

まず、胆管とは肝臓の出入り口にある管のことで

胆管がんとはこの胆管に悪性腫瘍が発生することを言います。

 

胆管がんの厄介なところは、

早期発見が難しい

ことと

手術後も再発しやすい

ということです。

 

胆管がんは進行が早く、

目に見えて胆の色が変化して

身体に異常があるのかな?

と思ったころには

既に末期症状といったことも少なくにそうです。

 

しかし、川島さんの場合は幸いなことに

去年2013年8月に受けた人間ドッグで

「小さな腫瘍」

が見つかったことから

胆管がんが早期に発見することが出来ていました。

 

その時でも

血液検査の数値は正常であったり

専門家ですら繊細な判断が求められるような

病気になってきます。

 

そして、2014年1月28日に

12時間に及ぶ腹腔鏡手術を行っています。

 

しかし、発見から半年後の手術では

もうがんが切除しきれない大きさになっていたのでしょうか、

胆管がんを再発してしまいました。

 

実は、川島さん、

自身のブログ上でも告白していますが、

とんでもない医者に当たってしまったらしく

だいぶ医者不信を強めてしまっていた様子でした

本来であれば、発見したら1か月以内に

開腹手術すべきなのですが。

 

本当に進行のはやい癌というのは

1か月で1.5倍とか

平気で大きくなってしまいます。

 

まだ小さいから、信頼できる医者に出会えていないから

とかそんなこと言ってないで

とにかく早く切除する

これががん治療の鉄則です。

 

切りたくても切除できない人たちもいるのです。

スポンサードリンク:

ここで参考までに、

手術で癌を切除した場合に何年後まで生き残れるか?

手術せずに民間療法のみの場合に何年後まで生き残れるか?

という尊い統計数値を記載しておきます。

切除した場合 民間療法のみ
1年生存率 68% 22%
3年生存率 47% 3%
5年生存率 42% 1%

 

この数字は、単なる確率ではありません。

この裏には、今まで癌で闘病生活をした患者さん

懸命に治療にあたった医師、

それを支えた家族たちが最後まで頑張った結果が残っているのです。

 

先人たちの努力の結晶で、

私たちが闘病するときには

これほど身に染みる統計数値を参考にすることができるんです。

 

もしご自身や身近な方が癌になってしまった場合も、

こういった統計数値を大切に

手術するのか民間療法に頼るのか、など

ご判断されてみてはいかがでしょうか?

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

よろしければこの記事を多くの人に知っていただくため

TwitterやFacebookのボタンを

押していただけると嬉しいです^^;

それではまた!

@くにお

 

 

 

LEAVE A REPLY

*
* (公開されません)
*

Return Top